FC2ブログ

里山の日常

201406110758.jpg
カメラ・・canon EOS1DsⅢ レンズ・・EF24-70f2.8 絞り・・f16 シャッタースピード・・1/8秒 ISO・・200
露出補正・・-0.3 焦点距離・・46ミリ ホワイトバランス・・晴天 ピクチャースタイル・・風景 RAW撮影DPP補正
PLフィルター使用
2014年6月11日 午前7:58 福岡県立花町

2014年6月の写真です。本日は雨で撮影に行けず、とんでもなく古い写真になりました。何でかって?先日ここに来たんですが
この田んぼも休耕していました。後継者が居ないんだと言っておられた。しかし思い出します植え継ぎしてるお母さんに
「お母さん写真撮っても良いですか?」って聞いたら「いや~恥ずかしかけん後ろ向くね~」ってお尻向けたその姿の方が
もっと恥ずかしい思うんですが(笑)
スポンサーサイト



水無月の神水

201906270751.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-T2 レンズ・・XF18-55f2.8-4 絞り・・f10 シャッタースピード・・1/350秒 ISO・・3200
露出補正・・-1 焦点距離・・34ミリ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正無し
2019年6月27日 午前7:51 熊本県山鹿市

熊本県地方、待ちわびた梅雨が昨日やっとやってきました。例年より、3週間以上遅れての入梅である。
神水に農家の方々も胸を撫で下ろし、ほっとされたことでしょうね。

月光世尊

201906230347.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-H1 レンズ・・XF10-24f4 絞り・・f4 シャッタースピード・・10秒 ISO・・1600
露出補正・・+1 焦点距離・・10ミリ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正無し
2019年6月23日 午前3:47 熊本県阿蘇市湯野浦

今月23日の写真です。早朝3時、撮影車両rikiちゃん号で目が覚めると、月明かりの綺麗な風景が目に飛び込んできました。
涅槃像に喩えられる阿蘇五岳にスポットライトを当てたような姿が、より神々しさを増していました。

霧情走破

201906230358.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-H1 レンズ・・XF50-140f2.8 絞り・・f2.8 シャッタースピード・・6秒 ISO・・3200
露出補正・・+1 焦点距離・・50ミリ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正無し
2019年6月23日 午前3:58 熊本県阿蘇市湯野浦

今月23日の写真です。豪快に流れ始めた滝雲、月明かりに浮かび上がった滝雲は幻想的そのものでした。
一台の車が滝雲の中を走りぬける時、幻想的な風景に拍車をかけてくれました。

幼心の記憶

201906250504.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-T2 レンズ・・XF18-55f2.8-4 絞り・・f14 シャッタースピード・・1/2秒 ISO・・400
露出補正・・0 焦点距離・・22ミリ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正無し
ハーフNDフィルター使用(×4 ハード)
2019年6月25日 午前5:04 福岡県黒木町木屋地区

里山の道、何故か見ているだけで懐かしさと、幼き日の記憶が蘇ります。小さな頃、友人と手をつなぎ、こんな農耕車しか
通らないような道で遊んでました。自生しているスモモや山葡萄なんか取って食べたり、カブトムシ捕まえたり、ふっと何気に
思い出したりする朝でした。

静寂の流れ

201906230412.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-H1 レンズ・・XF50-140f2.8 絞り・・f2.8 シャッタースピード・・2.3秒 ISO・・3200
露出補正・・+1.7 焦点距離・・66ミリ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正無し
ハーフNDフィルター使用(×4 ミディアム)
2019年6月23日 午前4:22 熊本県阿蘇市湯野浦

201906230540.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-H1 レンズ・・XF18-135f3.5-5.6 絞り・・f13 シャッタースピード・・1/40秒 ISO・・400
露出補正・・+0.7 焦点距離・・34ミリ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正無し
ハーフNDフィルター使用(×8 ミディアム)
2019年6月23日 午前5:40 熊本県阿蘇市湯野浦

九重連山の麓から流れる滝雲、一年で1,2回しかチャンスはありません。特に6月、7月に発生するのですが、
今年も何とか撮ることができました。今朝のカメラマン、私とこの写真上の方だけでした。初めての経験か興奮し
無心にシャッターを切るお姿が印象強く、構図の片隅に入れさせていただきました。

二枚目は有名な撮影地「ラピュタの道」の上なんですが、市役所の友人から「上の部分は入れるけど自己責任でね」って
熊本地震の爪痕が残っていました。写真上の右下、この先危ないよって言わんばかりのトラロープ・・・確かに崩れてます。
ヘタレおっさんは先まで行けず、ここでクルッとUターンしました(笑)

放浪癖(笑)

相変わらず週末になると、放浪癖が出て来ます。
このクソ暑い時期に車中泊なんて馬鹿げてますよね(笑)
とりあえず少しでも高い所にと、阿蘇市に来ています

やっぱりまずは温泉ですね
20190622142421732.jpeg
という事です、毎度お世話になってる立ち寄り湯「がね政」さん。
阿蘇内牧温泉街にあるんですが、お湯は少しぬるま湯で長湯できます。

お湯上りに次はお買い物ですね
すぐ近くの「スーパーみやはら」さん、田舎のスーパーって感じですね(笑)
201906221424224b0.jpeg
馬刺し、ポテサラ、酢ダコ、もろきゅう・・・って結局酒のつまみばっかです(笑)

20190622142424a5f.jpeg
先日の車中泊情報に記事にした「はな阿蘇美」で明るいうちから飲むぞって思ったんですがね、
なんか今日は騒がしい、お隣の国の言葉が飛びかっています。観光バスもいっぱい来てる
どうも落ち着かん!この状況で酒飲んでたら、変なおっさんがいるって通報しかねませんので、
山の上に避難します(笑)

水田幻光

201906130546.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-T2 レンズ・・XF55-200f3.5-4.8 絞り・・f16 シャッタースピード・・1/60秒 ISO・・400
露出補正・・0 焦点距離・・58ミリ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正なし
2019年6月13日 午前5:46 福岡県黒木町木屋地区

今月13日の写真です。御前岳の山の稜線から太陽が昇った。徐々に角度の変わる太陽の光は、水田に映りこみ素晴らしい
光の風景を見せてくれた。その光は一瞬で消え、幻の光と化しました。

梅雨花

201906200820.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-T2 レンズ・・XF18-55f2.8-4 絞り・・f14 シャッタースピード・・/52秒 ISO・・800
露出補正・・+0.3 焦点距離・・20ミリ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正無し
PLフィルター使用
2019年6月20日 午前8:20 福岡県立花町

201906200652.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-T2 レンズ・・XF60f2.4マクロ 絞り・・f2.4 シャッタースピード・・1/850秒 ISO・・200
露出補正・・+1 焦点距離・・60ミリ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正無し
2019年6月20日 午前6:52 福岡県立花町

201906200751.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-T2 レンズ・・XF18-55f2.8-4 絞り・・f16 シャッタースピード・・1/8秒 ISO・・400
露出補正・・+1 焦点距離・・55ミリ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正無し
PLフィルター使用
2019年6月20日 午前7:15 福岡県立花町

梅雨花・・・紫陽花さん一杯咲いてるけど、紫陽花に似合う雨が降りません。それどころか梅雨に入りません。
あんまり降るのも厄介だが、農家の方々の事を思うといい加減雨が欲しい所ですね。

光と影の旋律

201906190454.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-T2 レンズ・・XF18-55f2.8-4 絞り・・f14 シャッタースピード・・1.4秒 ISO・・400
露出補正・・-0.7 焦点距離・・37ミリ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正なし
2019年6月19日 午前4:54 福岡県黒木町木屋地区

201906190507.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-T2 レンズ・・ZEISS12f2.8 絞り・・f14 シャッタースピード・・1/3秒 ISO・・400
露出補正・・+0.3 焦点距離・・12ミリ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正なし
ハーフNDフィルター使用(×4ハード ×8ミディアム二枚重ね)
2019年6月19日 午前5:07 福岡県黒木町木屋地区

今朝の里山、良い色に焼けてくれました。毎度毎度、ど田舎の写真ばかりで恥ずかしい限りですが、田舎者のおっさんは
街の喧騒より、鹿やキジや野鳥の泣き声をを聞きながら、過ごすこのひと時に幸せを感じるんですよね(笑)