大空のキャンバス

201805120540.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-H1 レンズ・・XF10-24f4 絞り・・f11 シャッタースピード・・1/450秒 ISO・・800
露出補正・・+0.3 焦点距離・・10㎜ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正無し
2018年5月12日 熊本県阿蘇市湯野浦

昨日、ロケハンに行く前に、いつもの阿蘇北外輪山に、ちょっと寄ってみました。
日の登った空を見上げると、飛行機雲が四方八方に広がっていました。飛行機と言う人工物により作られたものだが、
自然のある一定の気象条件でしか、これだけの飛行機雲は発生しません。
大空のキャンバスにお絵かきしたようなこの風景も、人には作れない、自然が作る絶景の一つかもしれませんね。

人気ブログランキングに参加しております
応援のクリックを頂けたらありがたいです。宜しくお願い申し上げます。

風景・自然ランキング

スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
大空がほんとに広々としていて、
とても気持ちのいいお写真ですね!
そして、飛行機雲が描く直線的な図柄、素晴らしいです。
でも、結構な数の飛行機が飛び交っているんですね~(^_^;)

おはようございます。

初めてコメントさせていただきます。
X-H1いかがですか?
気になる機種ですので撮影記録などを
興味深く拝見させていただいています。

kakera様へ

kakera様、おはようございます。

そうなんですよ、びっくりするくらいに飛行機雲が発生しました。
よほど気象条件が整ったのか、四方八方凄かったです。
でもですね、あんまり異常なほどこんな雲が出ると、また地震かって
変な方向に考えちゃうんですよね〜
周りのカメラマンからも「これ地震雲じゃねぇ」なんて大騒ぎでしたよ(^^)
熊本地震のトラウマが今だ取れません(笑)

コメントありがとうございます。

ヒデの気まぐれ写真日記 様へ

ヒデの気まぐれ写真日記 様、おはようございます。

ヒデの気まぐれ写真日記 様、初めましてです。
X-H1とても良くできたカメラだと思います。私は2016年からフジのユーザーなんですが、
それまでフィルム時代からキャノンがメインだったのですが、もう今となっては他メーカーには、
移れなくなりました。なんと言ってもフジのあの発色に敵うメーカーはないと思っています(^^)
もちろんRAWで撮って補正すればなんとでもなるでしょうが、私みたいにJPEG撮って出しに
こだわる方には最高のカメラだと思います。それとX-H1の5軸ボディー内手ぶれ補正、これには
本当に驚きました!カマラの進歩は日進月歩と言いますが、恐ろしい進化ですね(^^)

コメントありがとうございます。

ありがとうございました

なるほどなるほどと理解しました。
掃除も結構大変です。近くにサービスステーションがあればいいのですがないので自分で清掃しています。
いつまでたっても拭き残しが生じます。

何かいい工夫はないものかと・・・・・・

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間たち 様へ

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間たち様、こんにちは。

確かにですね~フィルム時代は、フィルムがセンサー替わりでしたから、
フィルムを装填する時に、カメラの中をブロアーで軽く吹かすくらいでOKでしたけどね(笑)
デジタルになった現在、静電気の発生する時が一番怖いですね、
下手にレンズ交換しようものなら、一気にセンサーにゴミを吸い寄せますものね
本当に気を使いますね。

コメントありがとうございます。
非公開コメント