クライマックス

201806090548.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-H1 レンズ・・XF16-55f2.8 絞り・・f11 シャッタースピード・・1/450秒 ISO・・800
露出補正・・+1.3 焦点距離・・38㎜ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正無し
ハーフNDフィルター使用
2018年6月9日 熊本県阿蘇市湯野浦

先日の「雲海滝」と同じ日の写真です。当日は土曜日には珍しく4~5名ほどのカメラマンであった。
皆さん個々に満足げな顔で、太陽が出てしまった後は一人二人と皆さん帰られた。普段はあまり待つ行為をしない私ですが、
この日は「あ~あの雲の中に太陽が入って、雲の間から光が出るんじゃ?」何とかそれらしくはなってくれましたね~
雲のお陰で太陽光が和らぎ、ハーフNDフィルターで明暗差を補うことが出来ました。おそらくこの日のクライマックだと思います。
周りを見ると誰も居ません、おそらくこのクライマックスは私一人が撮った写真になったようですね(笑)

人気ブログランキングに参加しております
応援のクリックを頂けたらありがたいです。宜しくお願い申し上げます。

風景・自然ランキング

スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
独り占めの滝霧、素晴らしいひと時を過ごしましたね。
なんと羨ましい事です。
此方では運が良ければ摩周湖で、年に数回見ることが出来るかも
知れないですが、ここ4年ぐらいであった事が無いです。

さゆう様へ

さゆう様、おはようございます。

この日は本当にラッキーな朝でした。
普段見れない阿蘇の顔が見れて、とても幸福な1日の始まりでした。

摩周湖ですね、霧の摩周湖と言うくらいですから
これまた素晴らしい風景が広がるのでしょうね〜
死ぬまでに1回は行って見たいものですね(^^)

コメントありがとうございます。

No title

おはようございます。

クライマックス画面を一人占めできての撮影
最後までいると何が幸いするかわからないので
時間が許されるまで粘ったほうがいいですね。

ここは時間が経っても雲の流れは変わらないのですか?
当方にも「枝折峠」という滝雲が現れるスポットがあるのですが
そこは時間と共に刻々と雲が変化していきます。
なので本来の滝雲を撮るにもその日の気象条件やら時間によって
ですので遭遇するのには大変です。

神様からの

素敵な素敵なプレゼントですね。
私は待てない人なのでご褒美を貰えません。

ヒデの気まぐれ写真日記様へ

ヒデの気まぐれ写真日記様、こんにちは。

阿蘇山は、太古の昔に現在の北海道まで火山灰が積もるほどの大噴火をしました。
その時の噴火口の中に阿蘇市、高森町、南阿蘇などの多くの町が点在しています。
その噴火の時の溶岩の流れた後が風化せず今だ残っているため、その筋を伝って雲海が流れるんです。
だからほとんど同じ流れになります。強風の時は一気に流れ、単なる霧になってしまいますが、
風速1メートルほどでしか発生しないため、非常にゆっくりしたスピードですよ(^^♪

枝折峠ですか~是非とも一度拝見したいものですね~
凄く感動する風景なんでしょうね、アップされるのを楽しみに待っています。

コメントありがとうございます。

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間たち 様へ

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間たち様、こんにちは。

そうですか~?毎回お写真を拝見していますが、確実に持っていらっしゃると思いますが(^^♪
この日は本当にラッキーだったと思います。一度に阿蘇では珍しい光景に遭遇しましたから。
風景写真は、鉄道やスナップと違い、自然相手ですから思う様には行きませんね
如何に光と空気を読み、自然の流れを読むかが勝負ですが中々思う様に行きませんね

コメントありがとうございます。
非公開コメント