fc2ブログ

光と影の魔法

ARTICLE PAGE

山麓情景

201905270905.jpg
カメラ・・FUJIFILM X-T2 レンズ・・XF18-55f2.8-4 絞り・・f10 シャッタースピード・・1/35秒 ISO・・400
露出補正・・+0.3 焦点距離・・20ミリ ホワイトバランス・・晴れ フィルムシュミレーション・・Velvia JPEG補正無し
PLフィルター使用
2019年5月27日 午前9:05 熊本県菊鹿町

一昨日の朝、仕事の合間に「番所の棚田」に寄ってみた。やっと棚田の水張りが始まりました。この様子では、今週末から
田植えが始まるようですね。ここに来ていつも不思議に思うのが、彼岸花の時期以外誰一人撮ってる人がいません。
もったいない、田植えの時期も、実りの秋も、そして雪降る冬の時期も凄~く綺麗なんですけでね。
スポンサーサイト



6 Comments

サマースノ ー  

No title

こんにちは~♪

田植え後の避暑地だった番所ですね!

今は彼岸花や棚田の風景が有名になり村の人達と
出掛けることもなくなりました。

夏休みには大賑わいのことでしょう。

阿蘇の静かで落ち着いた風景のほうが好きです。

こちらへのコメントやお気遣いありがとうございました。

2019/05/29 (Wed) 15:40 | REPLY |   

riki926  

サマースノー様へ

おはようございます。

本当に彼岸花でここも有名になりましたね~
その時期ばかりは、足の踏み場が無いほどにカメラマンが多くなりますね。
ただ、人が多くなればなるほどマナーの悪いカメラマンが多くなり
棚田の中に入ったり、ごみを捨てたりと目に余るものがあります。
先人から守ってきた原風景をもっと大切にしてもらいたいものですね。

阿蘇の風景お好きですか(^_^)
阿蘇風景ばかりは、熊本が世界に誇れる風景だと思います。
だって昔の火口の中に人々の暮らしがあるなんて、滅多にお目にかかれませんから。
生まれ育った美しい熊本の風景、これからも大切に撮って行きたいですね。

コメントありがとうございます。

2019/05/30 (Thu) 04:17 | REPLY |   

トムヤン君  

水を張った棚田

段差おおきな石垣のすばらしい棚田
満面の水張った姿 こんなうつくしいのに
撮影者がいないのですか!

手前の住宅の屋根瓦
オレンジ色も印象です

岐阜ではカラーの瓦みかけなくなったです

2019/05/30 (Thu) 18:35 | EDIT | REPLY |   

riki926  

トムヤン君様へ

おはようございます。

そうなんですよ、トムヤン君様。「番所の棚田」で画像検索していただくと分かると思いますが、
出て来るのはほとんどが彼岸花の画像です。一年を通して美しい棚田なんですけどもったいないですね。
写真には写っていませんが、右側も後ろも一面の棚田でなかなか良い場所なんです。
今週末から田植えが始まりそうなので、随時アップして行こうと思っています。

コメントありがとうございます。

2019/05/31 (Fri) 05:44 | REPLY |   

carmenc  

No title

水が張られた棚田がスゴくいい
山あいのって感じの情景がまたいいですね
実はどのくらい前だったか「鶴塀の家族に乾杯」で初めて棚田を知りました。
日本人の農民の知恵を感じましたし、ここに水を引くのも大変だったんじゃないかなあとか、稲が実るまでの農作業の苦労を考えてジーンとしました。
今は機械化されて少しは楽になったでしょうけど
棚田のある風景は美しい光景だと思います

2019/06/03 (Mon) 20:20 | REPLY |   

riki926  

carmenc さんへ

おはよ〜朝ですよ!

そうなんですよね〜日本の風景って癒されます。
田んぼがあって、その周りに人々の暮らしがある、何気ない風景だけど良いんですよね〜

そうなんですよ、僕ら簡単にお米買って食べてるけど、そのお米作るのに
稲刈りで終わり、次の年の稲刈りまでに88の工程でお米が収穫できるんですって
それ考えると、お米一粒でも大切に頂かなければいけませんね。

先人のとてつもない努力で作られた棚田。僕ら撮る人は綺麗ね〜だけで良いけど
それを受け継ぎ守り抜く農家の方々は、苦労が絶えないと聞きます。
年々後継者不足で、休耕される棚田も増えてるし、日本の原風景が衰退する事が心配ですね。

コメントありがとうございます。

2019/06/04 (Tue) 06:43 | REPLY |   

Leave a comment